骨盤について〜骨盤ってどんな骨?

スタイル矯正には骨盤と背骨がとても重要になってきます。

ここではそのなかで骨盤について少し説明します。

骨盤という言葉が最近よく出て来ますが、骨盤という名前の骨はありません。いくつかの骨が組み合わさって一塊になったものを骨盤といいます。

さて、その骨盤は下の図のように3つの骨から構成されています。

骨盤図

中央の三角形の骨を仙骨、左右の大きな骨を寛骨(腸骨という場合も多い)と呼び、その結合部を仙腸関節呼びます。そして、前側にある左右の寛骨の接合部のことを恥骨結合といいます。

いわゆる骨盤がずれるというのはこの仙骨と寛骨の位置関係がずれることをいいます。

この位置関係がずれることによって体には様々な影響がでます。

例えば左右の脚の長さの差やO脚、腰痛、猫背といった姿勢の問題などがです。また、歪んでいるその周囲の血管や神経が圧迫されるので冷え性やむくみ、内臓の不調などといった内臓関係の問題にも影響が出て来ます。

だから、スタイル矯正では骨盤の矯正に特に重点を置きます。