姿勢とスタイルの関係

スタイルアップ=ダイエットと考えている人が実に多いです。

確かに脂肪があり過ぎることは問題です。でも、脂肪が少なくて細い人がみんないいスタイルではないですよね?

人が美しいと感じるスタイルのポイントは太いか細いかといようりもメリハリです。

出るところは出て、凹むところは凹む、体のラインにしっかりとした起伏があるとそれを美しいと感じるわけです。

では、起伏のある体を作るために必要なことは何でしょう?

それは姿勢筋肉です。

背骨は本来適度なS字カーブを描くようになっていて、その自然なS字カーブを維持できればキレイな体のラインになるようにできています。

さらにその姿勢を維持するために必要な筋力柔軟性を付けると結果的にヒップアップやウエストのくびれもできてきます。人の体の構造がそうなっているのです。

以上のことをふまえて、整体院fReeでは

スタイルアップ=(ダイエット+筋力)×姿勢

だと考えています。

適度な脂肪量と適度な筋肉量ははやり必要です。

そしてそれにかけ算で姿勢がかかってくる。

かけ算なのでどんなにダイエットして筋肉があっても、姿勢が悪いとその努力が台無しになってしまいます。

ちょっと想像してください。

猫背で骨盤が寝ていると胸はしぼみ、背中からお尻にかけてのラインは平ら、お腹はぽっこりという格好の悪いスタイルになってしまいますよね。

さらに姿勢が良くなると血流や自律神経の状態も改善され腰痛や肩こりだけでなく冷え性や生理痛などにもよい影響を与えます。

ダイエットやヨガやエアロビなどのエクササイズの努力を結果に結びつけるためにも良い姿勢というものにもっと注目しましょう!